転職を成功させるには|4つの転職ポイント

経験のある仕事か、ない仕事か

 転職する際は、今までの仕事と同じような業界・職種なのか、それとも全く違う仕事にチャレンジするのかによって対策が変わってくると思います。今までと同じような仕事であれば、やはり経験をアピールできるのが強みではないでしょうか。私も以前転職した際、採用されたのは、前職の経験を買われてのことでした。

 

意外な経験が役立った例

 書店での勤務から、パソコンの経理や給与のソフトを作る会社に転職した際のことです。なぜそれが経験になったのかというと、書店での在庫管理の経験を、在庫管理ソフトを扱う仕事に活かすことができたからです。このような例は特殊かもしれませんが、経験が重要だという例にはなるのではないでしょうか。

 

資格はあった方が良いのか

 簿記や所得税法の資格を持っていたことも強みになったようです。資格はあれば転職できるというものではありませんが、やはりないよりはあった方が有利になります。全く経験のない仕事に転職を希望する際には、特にその仕事に関する資格を持っていればアピールになるでしょう。

 

応募書類はしっかりと

 当然と言えば当然かもしれませんが、応募書類を作成する際は細心の注意が必要です。誤字脱字がない、修正器を使わないなどは当然ですが、郵送で送る場合の封筒の書き方など、細かい点で落とされてしまっては元も子もありません。また、特に指定がなくとも、自己PR文や職務経歴書も作成しましょう。高評化につながる書き方を勉強し、きちんと作れば他の応募者に差をつけられるかもしれません。

 

転職情報サイトを紹介
45歳の転職術|新しい転職活動方法
45歳、人生の転機での転職活動

 

http://xn--fiqz7vn7e1rcez7dzcsmet.net/
中高年の転職は意外と難しい!